事業概要

「EDU-Portニッポン」とは官民協働のオールジャパンで取り組む「日本型教育の海外展開事業」です。
 日本の教育は世界で高い関心を集めています。高い基礎学力や規律ある生活習慣を育む、初等中等教育、質の高い理数科教育、高等専門学校や専修学校に代表される産業人材育成の仕組み、テクノロジーを活かしたICT教育、学習塾など、日本が世界に誇る教育コンテンツは数多くあり、世界から注目されています。
 一方で、これまで、これらのコンテンツを海外展開する取組は、個々の組織・団体・企業レベルで行われていました。本事業は、官民協働のオールジャパンで、日本の教育を海外展開していくための取組です。文部科学省、経済産業省、外務省、国際協力機構(JICA)、日本貿易振興機構(JETRO)をはじめ、地方公共団体、教育機関、民間企業、NPOなどが一堂に会する場をつくりだし、日本の魅力ある教育を海外展開していく機運を醸成します。

 本事業では、日本型教育の海外展開に関心を有する官民の機関を一同に会す、「官民協働プラットフォーム」の他、海外の教育現場のニーズの深掘り、機関・企業間連携の模索、具体的な事業検討を行うための「国別分科会」、教育分野の海外政府関係者・企業が集まる場を設け、マッチング等の機会を提供する「国際フォーラム」、実証的に海外で事業を展開する「パイロット事業」の4つの事業を実施します。

■ 官民協働プラットフォーム

官民が一同に会するプラットフォーム。有識者によるトップスピーチやセミナーを開催予定。

■ 国別分科会

特定の国にターゲットを定め、海外事業展開をより具体的に検討するための分科会。

■ 国際フォーラム

マッチングなどを目的とした、教育分野の海外政府関係者や企業が集まる国際フォーラム。

■ パイロット事業

海外展開の検討が進んだ事業案を実証するパイロット事業。


本事業のロゴマークについて

メインコンセプトは「豊かさ」です。
さまざまな色の円を有機的に配置し、いわゆる “勉強” のみならず、教養・道徳など広い意味における教育=心の豊かさを表現しました。

またカラフルな円は、単なる押しつけではなく、各国の特色・文化的背景をしっかりと尊重した上で、日本型教育を導入することで、より一層各国が豊かになることを意味しています。
四季折々さまざまな顔をみせる日本の豊かな自然も表しています。

全体を見てみますと、円がさらに円を生み大きな輪になっていく様が見て取れます。さまざまな国の良さと日本の良さが将来どんどん連鎖していき、すべての国が経済的にも、精神的にもより豊かになっていって欲しいという願いも込めました。

最後に、改めて全体をみると円の集合体が Edu-Port の「E」を形づくることで本事業の象徴となっております。


パンフレット

以下から本事業のパンフレットをご覧いただけます。

© 文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」