ベトナムにおける日本式幼児教育・保育法を実践できる幼稚園教諭を育てる人材育成事業における新型コロナウィルスの影響(2018年度公認プロジェクト・2020年応援プロジェクト:株式会社小学館集英社プロダクション)

2020年07月21日

小学館集英社プロダクションでは、ベトナムにおいて幼稚園教諭育成事業を行っております。

新型コロナウィルスの影響により、ベトナムでは2020年2月の半ばから幼稚園は閉鎖となりました。そのため、我々の主力事業である研修事業もストップせざるを得ませんでした。
しかし、国として早くから対策を打った成果として、現在、ベトナムでは新型コロナウィルスによる死者は0人。新規感染者もおさえられており、感染者数自体も逓減しているような状況です(2020年7月20日現在)。「現在は以前の状態に近い社会生活に戻っている」と現地スタッフからは報告を受けています。

そのため、2020年6月から園も再開いたしました。6月中は子供たちの受け入れで園もバタバタしておりましたが、ようやく我々ともコミュニケーションが取れ始め、ストップしていた研修も再開しております。ただ、通常行っていた「日本人講師を派遣しての研修」は行えておらず、全てオンライン+ベトナム人専門家のサポートによる研修に切り替えております。世の中の動きが、働き方を中心にオンラインにシフトする中での試みだったので、園側も抵抗感もなくオンライン研修に参加しており、オンライン化を進める良い機会になりました。

その中で改めて「日本式教育の伝え方」について考え直す機会にもなっています。園にとって「日本式教育の考え方を教わる際に大切なこと」は一体何なのか、それは「日本人が研修に来る」ことではなく「日本式教育」の考え方を効率よく教わることだと改めて認識しています。社会が様変わりし、「今までできていたこと」が当たり前でなくなった今、育成の方法をより効果的なものにすべく、社内一丸となって商品開発を進めています。

また、「幼稚園教諭の育成」というソフトの観点だけではなく園舎、園庭、備品などハード(園環境)の観点でもベトナムの幼稚園に「日本式教育を取り入れた園」を増やすべく始動しております。こちらもパートナー様とともに日本式の良さを伝えていけるよう知恵を絞っていきたいと考えております。

オンライン研修の様子①

オンライン研修の様子②

© 文部科学省 日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)